ウィッグのゆる姫バングテクニックの注意点はこれ!

さまざまな雑誌やテレビなどで紹介されていることから注目が高まっている、ウィッグのゆる姫バングテクニック。可愛らしい印象に仕上がるという理由から人気が集まっています。
ウィッグのゆる姫バングテクニックは、簡単にできるヘアスタイルになっています。そのため、時間がない忙しい朝にぴったりになっています。ウィッグのゆる姫バングテクニックにおいての注意点は、ある程度のルーズ感を残しておくことになります。女性らしいある程度のルーズ感を残しておくことで、柔らかいテイストにまとめることができます。女子力をアップさせてくれ、魅力をプラスしてくれることにつながるのです。
さらには、ウィッグに定期的に櫛を通しておくことが必要になってきます。どうしてもウィッグは時間がたつにつれ全体が絡まってくる心配があります。定期的に櫛を通しておくことによって、絡まることを予防することができるのです。お手入れを心がけて絡まることを予防していれば、ウィッグを付けた時にナチュラルな印象を強調してくれることになります。そして、保管場所は風通しのいい場所がベストになります。湿気が多い場所に保管をすると、カビが生えたり虫の被害を受けたりすることが考えられるからです。

ウィッグ

ウィッグのふかしって?

ウィッグをアレンジする上でふかしというのはとても重要な役割を持っていますが、そもそもふかしとはどういったものなのか分からないという人も意外に多いものです。今さら聞けないふかしについてと、そのテクニックの紹介です。



ふかしはボリュームを生み出す

ウィッグを使用する上でよく耳にするのが「ふかし」ですが、このふかしとはどういったものなのかというと加工の種類です。具体的には根元に縮れた毛が入っているもの(逆毛が立っている状態)のことで、つむじがないのも特徴になります。ふかし加工を行われたウィッグは独特のボリュームが生まれ、アレンジがしやすくなるというメリットがあります。表面の毛は真っ直ぐなのにかき分けて見ると縮れている毛が入っているので不良品と勘違いする方もいますが、そういったデザインで作られているウィッグなので正常なものです。元々ふかし加工されているウィッグはそのまま使用してもボリューム感を出すことが出来ますが、ふかし加工されていないウィッグでも自分でふかしを入れてアレンジすることが可能です。

では、自分でふかしを入れる方法ですが、上に被さる部分の毛を留めてその下の部分になる毛をコームなどで逆立てていくだけです。留めていた髪を上に被せればボリュームが出ているはずです。他にも、スプレーを根元に吹きかけガシャガシャとかき回したり、逆さまに固めておいて固まってからスタイリングするという方法もあります。ふかしの量や作り方によってイメージも大きく変わるのでスタイリングの大きなポイントになります。

ウィッグ

ウィッグは美容院より挑戦しやすい

ウィッグというものは、気軽に自分に似合う髪型を探すことができ、常にはしてたくないけどたまにしてみたい髪型とかにも挑戦できます。

続きはコチラ

ウィッグでできます。三つ編みハーフアップアレンジ

フルウィッグを使えば三つ編みハーフアップの髪形にセットしたウィッグを被るだけなので簡単です。

続きはコチラ

ダウンスタイルもアップスタイルも簡単にできる!

前髪を編み込んだスタイルは、とても女の子らしい雰囲気がでるのでデートにもおすすめです。ぜひ挑戦してみてくださいね。

続きはコチラ

大人女性は襟足ウィッグで簡単華やかゴージャスヘア

アレンジしても毛がペタンとなって寂しい印象になりがちです。そんな時ウィッグを使えば、上品で華やかなアレンジが可能なのです。

続きはコチラ
ウィッグ

ストレッチウィッグで可愛く自分流アレンジ?!

ストレッチウィッグの場合、熱に強く、静電気や縮れなどを防止してくれます。

ウィッグ

シュシュウィッグでゴージャスアレンジテクニック

見た目はウィッグのように見えても内部にゴムが入っているシュシュウィッグが流行しています。